ヨセミテ情報 - ヨセミテ国立公園へ行こう

名画・油絵 ビアスタッドの名作 「ヨセミテ渓谷」

近頃、お金を使いすぎてしまい、今月は絶体絶命!
早急にお金を用意しなくては。でも、今から頑張ったとしても給料はすぐに上がるわけではない。
かといって新しいことをする根性も今のところ無い。
そんなとき、「なに!?」と思う情報を発見しました。
見たところ、ちょっと疑わしい感じがしましたけれど、今の自分にとっては、とても魅きつけられる内容です。
ともかく、説明を読んで、共感しないことには何もはじまらないので、
繰り返し何度も説明を読んでみることにしました。

    
すでに名画・油絵 ビアスタッドの名作 「ヨセミテ渓谷」を利用されている方が
いらっしゃれば是非感想を聞いてみたいです。
この商品名だけを見ると、どうもイメージがつかみにくい部分がありますが、結局は興味をひきたててくれます。
調べたところ販売者は「ユーラシアアート」です。
販売者のユーラシアアートさんはこの商品で有名になるやも知れませんね。
この商品を活用すると、頑張れば月収が100万円を超えるかもしれません。
もちろん、実行しなければ、成功はありませんし、
わずかながらの初期費用も無駄になってしまいます。
今までに買った商品は、詐欺とも言えるような商品ばかりでした。
でも、もしかしたら、掘り出し物の可能性もあります。
このように、名画・油絵 ビアスタッドの名作 「ヨセミテ渓谷」について、他にも多少気になっている人も
いると思いますので、これについて情報提供したいと思います。

販売者名ユーラシアアート、商品名名画・油絵 ビアスタッドの名作 「ヨセミテ渓谷」、販売価格75,600円。
この費用が高いとおもわれるか安いと思われるかは人それぞれかと思います。
そのように思い悩みながら商品のお便りを繰り返し何度も読んでみると、手に取るように分かる部分がありました。
個人的にはこの商品には満足しております
名画・油絵 ビアスタッドの名作 「ヨセミテ渓谷」の商品詳細の概要は大変よくできていて、
気を許すと多くの人が素早く収入を得る事ができるようになりそうと感じると思います。
・・・確かに、商品紹介ページに書いているように、上手くいく人がいることは分かりました。

頑張れば、月10000円以上は稼げるようになる商品かもしれません。
せめてレベルアップくらい出来ればと思っていましたが、それくらいは果たせそうです
おそらくこのユーラシアアートは、この商品により、悪い印象を持った方もいるかもしれません。
返品・返金制度があるのは救いではありますが。しかし返金制度を利用する人はあまりいないでしょう。
この商品を75,600円出して購入するなら他にも75,600円でもっと価値あるものが買えたかもしれません。
「逆立ちしたって無理」と思われるかもしれませんが、
方法手段によってはこの商品で成功することは決して難しいとは言えません。
多くの方がこの記事を読んで、名画・油絵 ビアスタッドの名作 「ヨセミテ渓谷」の購入を検討するかしないかに
関わらず後悔されないことを祈ります。

ヨセミテの綺麗な風景

これがアメリカで流れたハンタウイルス感染のニュース



今まで私も2度に渡ってこれ関係の事を書きましたが

今回は日本語字幕付のビデオを見つけたので、もう一度載せたいと思います。

この事件は、

アメリカ合衆国カリフォルニアのヨセミテ国立公園でキャンプした4人が、

ネズミ由来のハンタウイルスに感染し2人死亡したものです。

治療法が未だ、見つかっていないので、怖い病気ですね。

この夏にキャンプした1,700人が感染の-疑いあります。


幸い、私の家族は、9月に行こうとしていましたが、このニュースを知り、

急遽予定を切り替えました。

この時期にヨセミテに行ったかたがたは十分に注意をしてくださいね。

病院へ行ってみるのもいいかもしれませんね。


1936年製の公式ガイドブックを見つけました


これは、いいですね。

今から、約76年前のガイドブックですね。

見たいものです。

それにしても、2980円とは安すぎるのではないでしょうか?

これは結構、貴重な資料なので、オークションにかけたら

ヨセミテファンが一気に集まって来そうですね。

それにしても、古いものはあるところにはあるんですね。

写真をみてもすごそうです。


下の絵も私は好きですが。。。。

また、ヨセミテでいやな事件が発生してますね。



9月の6日に新たに感染病の犠牲者が出ましたね。

今回の渡米で私もヨセミテに行こうかなと思っていたところ、

このような事件が発生して、今回、ヨセミテにいくのは、止めました。

その代わり、レイクタホに行って来ました。

結構、夕焼けが綺麗で家族みんなで感動しまいした。

Loke.jpg

ほとぼりがさめたら、また
ヨセミテに行くことにします。